トップ / 歯科の恐怖症について

歯科の恐怖症について

歯科恐怖症について

危険性

歯科恐怖症はゆっくりリハビリ

歯科恐怖症は、消毒剤のにおいを嗅いだり、治療器具を口に入れられると吐き気が出てしまうなど、体にも症状があらわれる病気です。大人なのに情けないと本人が気にしてしまうことも多いですが、なる人はなるのでそれほど気にやむ必要はありません。緊急性の高い場合は治療を急ぐ必要がありますが、そうでなければ今日は歯科の入り口まで行く、次は中まで入ってみる、など少しずつリハビリしていけば良いです。今では無痛治療などもあり、昔よりも安心して治療を受けることが可能です。

歯医者と歯科で検査しよう

歯医者で早期発見することで、歯を大切に守ることができます。虫歯があるかもしれない、奥歯が痛む。そのような不安を抱えたままで過ごすというのは大きなストレスになってしまいます。歯の痛みや違和感を覚えたまま過ごすことで、仕事や勉強にも力が入らなくなってしまうものです。日頃からしっかりと自分の歯をメンテナンスしておくことが大切です。痛みを感じたら、まずは一度歯医者か歯科へ連絡をして、歯科検診をしてもらうようにしましょう。

↑PAGE TOP