トップ / 歯科の基礎を考えよう

歯科の基礎を考えよう

歯科の新しい常識

危険性

歯科の自費治療はいくつかある

歯科で行っている自費治療には、かぶせもののや、詰めもの、矯正やインプラント、ホワイトニングなどがあげられます。このなかにも、保険適用された治療もありますが、自費治療に使われている材料などに違いがあるようです。例えば、かぶせものの保険適用では銀歯が使用されていますが、変色やアレルギーなどの心配があります。歯科での保険適用外治療になると、素材がセラミックなどがあり、金属アレルギーの心配もなく、変色もしにくくなっているようです。費用が高いイメージがありますが、劣化などのための再治療が少ないことから、選択してみるのもいいでしょう。

自費診療で一つ上の治療を受ける

歯科に限らず、大抵はどの病院の診療科も保険証を持参し、診察を受けることになっています。治療費の負担も3割に抑えられますが、それだと受けられる治療に大幅な制限が出てきてしまいます。金銭的負担が増えても良いので質の良い治療を受けたい場合は、歯科での自費診療を選べるということを頭に入れておきましょう。自費診療はたっぷりと時間を掛けて診察、治療をして貰えるので、歯に対する不安もきちんと取り除くことができます。出来るなら、一生自分の歯で物を食べて、過ごしていきたいものです。日頃から歯の健康には気をつけましょう。

↑PAGE TOP