トップ / 歯科の基礎を考えましょう

歯科の基礎を考えましょう

歯科のマイナー雑学

危険性

歯科治療と頭痛について

一部の歯科治療では終了後に頭痛が生じるケースがあります。多くの場合、医院では痛み止めの薬を処方する等して対応しています。稀に頭痛がおさまらず受診する人がいます。状況によっては他の医療機関を紹介し、適切なケアを行うようにしています。医療機関、患者の双方は痛みが出た時はすぐに反応した方が良いです。初動が良ければ良いほど後のダメージは少なくて済みます。多くの場合、その頭の痛みは歯科で処方された薬の服薬や自然治癒でおさまります。医療機関は何かあった時はすぐに対応出来る準備だけはいつもしておいた方が良いです。早めのケアが大切です。

歯が原因の頭痛について

頭痛の原因が歯である場合は歯科に行きましょう。虫歯による頭痛や歯並びが悪いことが原因であることや親知らずの腫れが原因で頭が痛くなるなど歯がもとで痛くなることがあるのです。虫歯による頭の痛みの場合は虫歯が歯の神経に達することで激しい痛みに変わります。歯並びが悪いと食事をする際にうまくかみ合わず体のバランスや筋肉や関節がくずれ頭が痛くなります。虫歯やかみ合わせ、親知らずの場合は一般歯科に行くことが大切です。また虫歯にならないためにも普段から歯医者に行って虫歯の予防をする必要があります。頭が痛いと感じたら虫歯や親知らずが原因であるのではないかと考えることを心掛けることも大切です。

↑PAGE TOP