トップ / 歯肉炎は加齢の症状です

歯肉炎は加齢の症状です

年齢でなる歯肉炎

危険性

歯肉炎は食生活も改善します

歯肉炎は歯茎が腫れ出血や口臭などの症状がある状態です。殆ど場合はプラークが原因ですが歯みがきを頑張っても改善しないことがあります。それは食生活が影響しているためです。歯みがきを頑張っても歯肉炎が改善しない場合は食生活の見直しが必要です。血液中の糖分が多いと改善しないため、甘い物を控えます。さらに歯茎は口の中の細菌と体の抵抗力が闘っている部分でもあり、歯茎の健康は体の健康でもあるため、運動で免疫力を高めることも改善に繋がります。

入れ歯で食事を楽しみませんか?

一度きりの人生。美味しいものをずっと食べ続けて行きたいですよね。厚生労働省の調べによると、総入れ歯は85歳以上になると63.9%もの方が使っているのが現状です。多くの方が初めは保険の物で作るのですが、保険の物ですと熱の伝わりが悪く食事を楽しめないことが多いのです。ですが、諦めてしまうのは早いです。入れ歯にも自費の物があり、こちらですと熱の伝わりが良いので、保険のものと比べて美味しく食事ができるのです。一度きりの人生、自費で作ってみるのも良いですね。

↑PAGE TOP