トップ

歯科について覚えよう

歯科の新しい知識

危険性

歯科医院で販売されているガム

歯科医院で販売されているガムには虫歯になりにくいキシリトールを含んでいます。最近は市販のおやつにも含まれていて、メーカーによっては「キシリトール100%」と表示されているものもありますが、市販品に使われている甘味料はキシリトールだけではなく、他の甘味料も含まれているので注意が必要です。歯科用のキシリトールガムは、詰め物をした箇所や矯正装置、義歯などにくっつくのを防ぐように作られているのが特徴です。さらに市販品よりも固いので、咀嚼力を鍛える事が出来ます。また「リカルデント」という成分を含んでいる物もありますが、こちらは初期虫歯のカルシウムが溶け出した状態を修復する働きがあります。

ガムによる虫歯の予防

虫歯などで歯科にお世話になっている人が多いと思いますが、実はガムを噛むことで手軽に予防できます。特にキシリトールタイプは有効です。虫歯の原因となるプラークをつきにくくして、歯が再石灰化するのを防いでくれる働きがあります。また、噛むことで唾液がたくさん分泌されますので、口の中を清潔に保つことができます。一気にたくさん噛むよりも何回かに分けて噛むとより効果があります。いよいよ虫歯が痛くて我慢できなくなって歯科にかけこみ、高い治療代を払うことを考えれば、まだ歯が健康なうちのガム代はずっと安いかもしれません。早速試してみることをお勧めします。

↑PAGE TOP